SAKKA塾出版 ONLINE

こちらは、SAKKA塾です。

リアル教室は2021年3月末で中止し、活動はオンラインに移行になります。

新規会員の募集は 2021年4月より再開いたします。



こちらは、「SAKKA塾出版 ONLIE」 公式ホームページです。

「SAKKA」とは

◆「SAKKA(さっか)」は「作家」からもじった造語です。SAKKA塾の「SAKKA」は、 「描き続ける、創り続ける者」をさしています。

上手いか、優れているか、の前に 「それを続けているか」がSAKKAである為に重要と考えます。SAKKA塾は、作り続ける者の為に、開かれています。

◆SAKKA塾では、半年に一回(前期/後期)、部誌「Federation」を製作しています。 この部誌原稿の製作がSAKKA塾での主な活動となります。原稿は創作/二次問いません。

◆SAKKA塾では、重要な5会則があります。中でも「他者の表現を尊重すること」は とても重要です。自分が好まないものを排除しようとする者は、同時に、自分もまたそこに存在できない事になります。

嫌いなものを好きになる必要は無いです。でも、その存在を認め、尊重できる者がSAKKAです。

「何をするところですか?」

具体的には大きく分けて下記の3要素が主な活動となると思います。

・部誌の原稿を作成します。

・オンラインでお話したり、質問をしたり出来ます。

・Discordを利用して絵を見せ合ったり、企画をつくったりします。

*詳しくは、それぞれ上記メニューからどうぞ!


ひとことで言えば「活動をすること」がメインということになります。受験や審査会のように、何かのゴールがある訳ではありません。グループという場所で、時間を過ごすことが目的です。

「活動」とは、上記の3つの「実際に絵を描いたり漫画を描いたり」という事だけに留まらず、面白いことを考えたり、それを人に話したり、上手く行かない悩みをきいて貰ったり。そういう事も含みます。また、このようなグループに所属する事で、自分のやる気をあげたり、人が頑張っているのをみて、自分も頑張る、などと言った目に見えにくい部分も立派な「活動」です。

またもし、絵が上達したり、オンラインにおける人との上手なかかわり方なんかを会得するというオマケを手に入れて下されば何よりです。


「何もしないと、何も起きません」

教室でやっていたころは、全員が見渡せるので、飽きてる人や悩んでる人に声をかけやすかったですけど、オンラインだともう、解りません。自分で発言して、自分で参加していく必要があります。反面、オンラインの良いところは、失敗しても恥ずかしさがリアルよりかなり薄いとこかもです。「やってしまいました」だけで済みますし、他者に迷惑をかけてしまったのなら、謝ればよいだけです。

人は未熟です。他者に完璧を求める人は人間が完璧になれるなんて思ってるんですから、更に未熟です。ガンガン失敗してください。


「オンライン化について」

「SAKKA塾」は、2010年9月に「CDC(キャラクタードローイングクラブ)」という名前で始まりました。年齢別に分けたクラスで金土日に集まり、各自が思い思いの絵を描き、部誌を作ってきました。この時は「浦和造形研究所」というアートカルチャーの一クラスとしての活動です。

そして、2017年4月より、独立。SAKKA塾と名前を変えて、より自由で小回りの効く集まりへと進化を遂げました。CDC立ち上げから10年間。この楽しい日々がずっと続くと思った2020年、コロナ襲来です。

2021年の4月までは、教室を維持したまま、会費を安くしたりして運営を続けましたが、「常時集まる事」が難しいということが、既に明確になっている訳です。

集まれることがウリの場所だったのに。

2021年3月末をもちまして、リアル教室での運営を停止、2021年4月より、オンライン活動へ移行することになりました。

実際に集まる事にはどうしたってかなわないですが、オンラインでどこまでココロの繋がりみたいなものが、考えながらオンライン活動を始めてみる事にしました。

また、世界が落ち着いたら。イベントへ出たり、クロッキー会、集中講座とかやれるようになったらいいなと願ってやみません。

◆運営者について

前身のCDC、リアル版のSAKKA塾では、一応「先生」として初心者指導的な事もしてきましたが、今回SAKKA塾「出版」が付いたので、今回晴れて「編集長」の座に就くことが出来ました。

自分の主な業務は、このSAKKA塾出版の運営諸々です。絵についても、自分に解る事なら出し惜しみなくお伝えする所存ですが、言うほど絵が上手いとも思ってないです。

だいたい犬で描かれるのが自分です。雑種です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする