C.D.C.F

101024cdc.jpg 芸術の秋、皆様いかがお過ごしですか?芸術と言えば美術館、秋と言えばくりごはん。思わず韻を踏んでしまいました。本当はくりごはんより深川飯の方が好きな坂井と申します。
 CDCはただ今部誌製作も大詰めです。入稿ラストウィークなので、いよいよ皆様カリカリカリと仕事場さながらの活動風景です。沈黙に耐えられず、一番うるさいのが僕と言うあまり宜しくない状態になっています。どーん!(どーん?) 左のイラストはその部誌の表紙になるイラストです。そしてCDC部誌のタイトルは「Federaition(フェデレイション)」に決まりました。フェデレイションといえば、WWF(ワールドレスリングフェデレイション)、EFSF(アースフェレレイションスペースフォース)、です。すみませんタトエが悪かったです。意味は「連邦」とか「同盟」とかそういった意味で、たくさんの国や自治体が集まって、一つの形態を形作っている場合にもよく用いられます。
 つまり、こういうことです。作家さんって、各自世界を持っていて、その世界を自分の作品で表現したいと思ってたりするじゃないですか。各自の国は各自がルールを決めて、一つ一つ作り上げていくものです。CDCは公的な一つの団体と言う立場を取っていますが、その中身は連邦制(フェデレイション)でありたいという思いなんです。
 だから作家さん各自は各国の王として尊重され、CDCという連邦事務局から各自の世界観について強制されるものは何もあってはなりません。そしてまた、作家さんは王として自分の国(世界)をまとめ、繁栄させていく存在です。王がくじけちゃうと、その国は崩壊し、その国の住民達は闇へとほうむられてしまいます。だから頑張りましょう。でも、やり方が解らない時は、同盟国に救いの手を求めてください。一緒に崩壊しましょう。どーん!(やめい
 イラストのお話に戻りますが、右側の男性はPNくさのはくーちゃん、左側の女性はPN万里のバンちゃんの合作です。合作のいいところは、ヒトサマに絡むんで、自分の作品より思わず頑張って描くところではないかなと思います。彩色は僕がやります。これだと、部誌が売れなかったときにお互いに責任をなすりつけあえるのでナイスですってなすりつけあうのはいけません。
 とにかく、創刊号です。頑張りましょうネ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする