Discordってなに?

コミュニケーションボード Discordとは!?

知っている人も、既に使っているよーという人もいるかもしれません。Discordは、「掲示板」「文字のチャット」「声のチャット」「動画配信」「動画共有」などが出来てしまう、とんでもないツールです。

機能がたくさんある、何でもできてしまうモノは、ぱっと見、解りづらくて、覚えるのめんどくさいなーって思うモノです。なので、最初は解りやすく、掲示板はSLACK、動画共有はZOOMと分けて使用していました。

しかし、皆さんが思ったよりDiscordを知ってる(普通に使ってる)事、各自が描画している画面を見るのが、ZOOMより圧倒的にやり易いことなどから、将来的に見て、Discordを使いこなせるようになった方が良いだろうと、Discordを使用させて頂く事としました。

何ができるの?

Discordは、大きく分けて「テキストのコミュニケーション」と「声(動画)のコミュニケーション」の二つの大きなお部屋があります。そしてさらに、その中に「絵の勉強部屋」「投稿部屋」「部誌の感想部屋」「雑談部屋」等に分かれていて、自分が使いたい部屋に入って、楽しむことが出来ます。

また、テキストのコミュニケーションをしながら、声での会話ができてしまったりと、まるで総合リゾートホテルのようなツールがDiscordなんです。


「#チャンネル」という概念

テキスト棟、ボイス棟の中に、さらにこまかくある部屋の事を「チャンネル」と言います。

これは実際の画像ですが、このようにあらかじめ各部屋が作られております。また、この部屋内で収まらない事や、別に分けた方が良いモノなど、会員が任意に部屋を作成することもできます。

*あまり部屋を細分化し過ぎると訳わかんなくなるので、そのあたりは参加人数との兼ね合いで追加してまいります。


Discord利用におけるルール

  1. 他者の作品を卑下する事は禁止です。
  2. イラスト、テキスト、ボイス、すべてにおいて過度な性的表現は禁止です。
  3. 他者作品を、トレス(学習チャンネルは除く)、パクリ等で自分の作品として発表する事を禁止します。
  4. 他者に対してダイレクトメールなどで粘着する事を禁止します。また、粘着された場合は、そのダイレクトメールを晒すことを許可します。
    なので、会員同士のダイレクトメールはすべて「晒されても良い内容」にして下さい。
  5. 運営に必要なもの以外は、個人情報のやりとりはしないでください。
  6. その他、会則に準じます。また、運営者が、不適当としたことは適時、注意喚起を行います。

#チャンネル紹介

テキストチャンネル

テキストチャンネルは、文字と、画像投稿のやり取りが基本です。すべての投稿にイイネや、応援マークを付け加えることが出来ます。

*イイネはしなくてはいけない、ってなると気疲れするので、そういうのまったく無しで構いません。イイネ応援は任意です。

投稿画像のサイズは、部誌に使う場合は「B5サイズ、350dpi以上」でお願いします。

#01-作品投稿&コメントチャンネル

常設の掲示板で、みなさんのイラストのアーカイブ(保存場所)的な使い方も兼ねています。普段、イラストや漫画を投稿したい場合はこちらを使ってください。いいねや応援をしたりすることが出来ます。もちろん、文字によるコメントなども可能です。

ただ、このチャンネルのルールとして絵へのアドバイスなどは本人の希望が無い限り禁止とします。アドバイス希望の場合は、絵を投稿する際に、その旨お書き添え下さい。

また、サインがある場合は、部誌への提出原稿(順不同の雑想原稿)として扱いますので、部誌に掲載したくない場合は、サインを描かないか、部誌掲載不可などその旨お書き添え下さい。

#02-金曜ワンドロチャンネル

金曜のワンドロはこちらに上げてください。ワンドロは部誌に掲載されます。

当面、ワンドロのお題もこのチャンネルから出題されます。

こちらもサインがあるモノは部誌へ掲載されます。また、日付があると解りやすいです。部誌には「ワンドロコーナー」としての扱いになります。


#03-企画チャンネル

定例企画や、突発的な会員企画などはこちらで行います。1月のお年賀、5月の乗り物(メカ)、7月の暑中お見舞い、10月ハロウィンなど、が予定されております。

会員が企画を行う場合は、自分が興味あるものや、みんなのこんな絵が見たい!というものを下記テンプレート例を利用して、企画化することが可能です。

◆企画例

【企画名】:「推しのファッションコンテスト!」

【概要】:自分の推しキャラに、この時期らしい素敵なコーデを着せてみませんか!?シワや服の描き方の練習になればと思っています。

【締切】:5/16迄

また、企画者は(企画者以外でも)、上げられた作品にコメントを付けてあげると良いと思います。

他者の絵の良いところを探すのは、そのまま自分のスキルアップになります。

#04-気づき共有チャンネル

絵を描いていて時々ある「気づき」を共有します。自分メモと、他人のメモを覗き見れるようなチャンネルです。情報の取捨は各自の判断ですので、「気づき」のレベルは問いません。

◆記入例

【気づき】絵の狂いがオカシイと思った時、反転すると狂いが解りやすい!

文字だけじゃなく、実際に作例があると、解りやすいと思います。


#05-学習チャンネル

絵の質問をしたいときや、広く共有できそうなTIPSを扱います。

質問者は、作例と、何が出来て何が解らないのかを明確にすると、みんな答えやすいと思います。

また、「正解を出す」ではなく、「自分だったらこうするなー」という提案のほうが良いと思います。

坂井が出す答えが正解、などではまったくありません。いろんなやり方を知る方が何倍も有益だと思います。

◆質問例

*某知恵袋などでよくあるサイアクな回答例

質問:「このバイクを買おうと思ってるんですけど、A車とB車、どっちが速いかご存知の方いますか?」

回答A:「自分もA車乗ってました。自分が18の時に死ぬほどバイトをして買って~……」(謎の自分語り)

回答B:「時と場合にもよるから、そんな質問ナンセンス」(質問の否定)

回答C:「そんな事ここで聞く前に、両方買ってみれば解る」(何故答えた)

回答D:「そもそも、速さって必要?」(主観の押し付け)

こういうのだったら、回答しない方が良いかもしれません……

#06-雑談チャンネル

雑談です。全員に公開されますので、公序良俗に反しないように。ジャンルは特定しません。アニメの話、好きなアーティストの話、車の話、レストランの話、株の話(インサイダーはダメ)、何でもOKです。ただ、その場の人だけで楽しむリアル雑談とは違い、全員が見られる記録として残りますので、発言は何でもアリにならない所はお気を付けください。

#07-自己紹介チャンネル

はじめてこの「SAKKA塾出版ONLINE」来たときに、最初に「正式に」描きこむ場所になると思います。また、可能であれば、休会などもここに書いてくだされば皆さんに解りやすいです。

可能であれば、普段描いている絵なども一緒に挙げてもらえれば、認知されやすいと思います。

など、あると、良いかなと思います。あなたの絵や発言をみるのが楽しみの人に、あなたがいないのにずっと投稿を待たせるのはとてもかわいそうです。でも、任意です。

恨み節や捨て台詞等は、運営がザクッと消します。ヒッヒッヒッ

#08-Federation感想チャンネル

感想は流したくないものです。部誌の感想を書きこむ場所を特別に設けています。

#30-じたばたチャンネル

Discordが解らない、何して良いか分からない時はここで叫んでみてください。

不安でしたら、画像投稿テストもここで。

あーとかだーだーとか言って構いません。

消さなくて構いません。



ボイスチャンネル

ボイスチャンネルは、声や、動画でやり取りが可能です。利用状況によって、部屋を増やしていきます。

ロビー

多くの場合、ここを使う事になります。

飛天の間

専用の玄関を持ち、エントランスホール「うずしお」、レセプションホール「さくら」と連なる、機能性と美しさを兼ね備えた大宴会場です。


「文字コメントって難しい?」

絵に対するコメント、難しいですよね。ああ、いい絵だなって思っても、そのままスルーしちゃうことも多いと思います。そもそも「自分の思いを文章にする」というのが難しいです。LINEスタンプなんか、もう、文章考えなくてもお茶を濁せるので便利すぎ!って思ってしまいます……が!みなさんは発信者。是非、文章コメントに挑戦してみましょう。

また、日本人は「他者を積極的にホメる」というのが文化としてあまり根付いてないので、よっぽど突き抜けないと褒めコメントを書くという所までいかないかもしれません。

「褒める」は、最強のコミュニケーション術です。ビジネスでも生活でも、間違いなく、今後のあなたを救います。SAKKA塾で、身に着けてください。

間違ってはいけないのが、コメント、感想は「対象のレベル評価」ではなく、「自分の感想」です。あなたが審査員になる必要はありません。

でも、何の感想も持てない絵もあると思います。上半分を青く塗って「空の絵です」にどうコメントすればよいのか?また「ただの立ち絵に、どうコメントすれば?」って思う事もあるかもしれません。

その場合は、その絵の「メッセージがあなたに届かなかった」だけです。その絵の上手下手の問題では無いんです。反対に、めちゃくちゃ描きこんであっても、メッセージの無い絵は届きません。

独り言を褒めるのは、スーパー難しいです。描き手が万能で無いのと同様に、見る側もすべてを受け止める必要はありません。スルーで問題ないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする