Fedration

3月と9月に、部誌を作ります。

部誌の名前はFederationと言います。部誌の制作は、「SAKKA塾出版オンライン」の活動の中でも、最も重要なものとなります。締め切りをつくることで、キチンと作品を作り続ける環境を作っています。

1人あたり、1P~最大48Pまで、提出することが可能です。提出された原稿を編集し、製本所によって製本してもらいます(オンデマンド印刷です)。完成した部誌は、3部までは、無料(って言っても毎月のお月謝に製本代はふくまれているのですが)で郵送させていただきます。4部目からは1部500円になります。


部誌用の原稿作成について

原稿スタイルはイラスト、マンガ、ポエム、何でも構いません。印刷が白黒(と、グレー)になるので、色を使わないで表現できるものが良いと思います。

二次創作は可ですが、その版権についての知識が無いと内容が全く分からないというのは、あまり宜しくないと思います。

入稿は、現在すべてデータでお願いしております。ストレージ便、LINE、zipなど、どのような方法でも構いません。

原稿データはB5サイズ(A4にB5トンボでも可)600dpi  お願いします。

掲載順は、下記のようになります。

  1. オリジナルのストーリー漫画→4コマ漫画
  2. 2次創作のストーリー漫画→4コマ漫画
  3. オリジナルのイラスト→二次創作のイラスト
  4. 読み物系

部誌を最後まで読んでもらう事を念頭に配置しますので、細かいところは坂井が決定します。

表紙について

表紙は、毎回、メンバーのうちの誰かが担当することになります。

表紙は絵が上手い人がやるなどということはありません。表紙の担当権利は「本文に作品がキチンとあって、そのキャラを描いている」が、もっとも優先権が高いです。本文は描いていないけれど、表紙だけ描く、は、ナシにしています。

原稿データはB5サイズ、350dpi 以上、可能であれば色モードをCMYKでお願いします。


「作品における表現」について

仲間内の制作といっても、ヘイトや、特定の誰かを貶めるような表現、また、公序良俗に反するものは掲載できません。一般的に「成人向け」とされる原稿もお断りしております。「お色気」的な、少年ジャンプに乗せられるようなレベルなら大丈夫です。

二次創作は掲載可ですが、メンバーにはいわゆるその作品の「同好の士」以外の人も入っていますので、原作を読んでいないとまるで解らない、みたいな表現は部誌としてはあまり好ましくありません……、が、不可ではありません。これ不可にすると、他者に解らないものを描いてはいけない、ということになってしまうので。そのあたりは線引かない予定なので、各自、上手い事調整して下さい。

また、他イベントで使用した原稿も、自分で作成したものなら掲載可です。自分の友達が描いた、みたいなものは不可です。

その他、細かいところは、坂井に一任させて頂きます。危ないなと思ったらあらかじめお尋ねください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする