◆SAKKA塾のきまりです。

「会則」は、SAKKA塾の活動にあたってのルールを。「利用規約」は契約的な細かい取り決めが書いてあります。利用規約は、入会時に印刷してお渡しします。入会手続きをもって、これらの決まりに同意したこととします。変更があった場合は、会員には通達され、本ページは更新されます。

 ● SAKKA塾 会則


1:SAKKAとしてあるために、日々、自分を研鑽します

2:他者の表現の多様性を認め、尊重します。

3:他者および自分の作品を、理由なく卑下しません。

4:自分の描いた作品に、責任を持ちます。

5:集まりの秩序を保ち、他者(イベント参加者、地域住民を含む)に迷惑になる行為をしません。



 SAKKA塾 利用規約 


(最終更新日 2017年 4月 1日)

1. (名称)
当塾は、(株)浦和造形研究所より与野研究室の1室を、金曜日の18:00~21:00の3時間レンタルし、個人 坂井潤が、運営、管理しています。

2. (目的)
当塾は、マンガやイラストの作成を通じて、会員の皆様の豊かな活動生活を願い、コミュニケーションに貢献、寄与することを目的とします。

3. (入会資格)
 1:当塾の趣旨に賛同し、入会を希望する方で、当塾が入会適格者と認めた方
 2:中学生以上の男女で、他者との有効なコミニュケーションがとれる方

4. (入会手続き)
 1:所定の申込書に必要事項を記入のうえ提出し、入会金及び1ヶ月の授業料、その他必要な料金を前納する事と します。なお、入会金は、理由の如何に関わらず返還しません。
 2:入会手続きは原則として、受講開始希望日、その時間までに済ませる事とします。

5. (会員特典)
 1:当塾発行部誌「Federation」へ40Pまでの原稿参加、及び発行部誌の一冊無料進呈
 2:その他任意発行冊子への参加、及び発行冊子の一冊無料進呈

6. (授業料)
授業料は月払いとし、入会月から2ヶ月目以降は民間金融機関より自動振り替えにて、翌月分を原則毎月27日に引き落とします(引き落とし代行業者名義による)ただし、銀行休日の場合は、よく営業日とします。

7. (授業料等の滞納)
会員が、事前の承認手続きを取る場合のほか、正当な理由が無く授業料の納入を怠ったときは、指導を停止し、同時に会員としての資格を失うものとします。

8. (休会)
転勤等、やむを得ない事由で1ヶ月以上受講できない場合は、所定の届出用紙に必要事項を記入のうえ、1か月分の授業料をそえて、休会前月14日前までに提出した会員に限り、認めます。15日以降の届出については、翌月分の授業料を引き落としのうえ、休会費を添えての休会となります。

9. (再開)
再開する場合は、再開希望日の7日前までに、教室定員枠の確認をメールにてご連絡下さい。定員枠があれば、再開が可能です。

10. (退会)
退会希望月の、前月末までに、所定の届出用紙に必要事項を記入のうえ提出した会員に限り、翌月分からの授業料引き落としを停止し、退会と認めます。

11. (レッスンの欠席と、振替)
会員がレッスンを欠席する場合、事前に所定の連絡先に連絡をした場合のみ、欠席扱いとなります。複数クラスがある場合、欠席の分は、
3ヶ月以内に振り替え受講が可能です。ただし、定員の関係で、希望クラスに振り替えできない場合もあります。複数クラスが無い場合、振り替えはできません。

12. (受講回数の保証)
当塾の都合により休講となる場合は、振り替え授業を行い、受講回数を保障します。

13. (各種変更)
住所、電話番号などに変更がある場合は、速やかに届け出るものとします。なお、頂いた個人情報は、塾運営以外に使用しないこととします。

14. (休業)
当塾が、次の事由により休業する場合、授業料の返還はしないものとします。(1を除き、原則として事前に提示もしくは通知します。)
 1:気象、災害、事変などにより、営業が不可能と認められる場合
 2:その他やむを得ない事由が発生した場合。

15. (閉会)
当塾は、会員数が一定の期間、所定の合計人数を下回ったとき、または、教室を借りている浦和造形研究所、及び管理運営者の事由により閉会となる場合があります。その際は3ヶ月前に告知を行います。

16. (休館日)
当塾は、毎年年間の休館日を設定し、また、浦和造形研究所の休館日に準じます。それらは事前に告知または通知されます。

17. (規則の尊守および責任)
 1:会員は当塾の規約及び諸規則を守り、良識ある態度で会員相互の和を大切にし、秩序を乱す事無く当会の目的に添うように努力するものとします。
 2:当塾の会員として品位を失わず、他の会員に迷惑をかけたり、不快感をあたえぬよう行動するものとします。
 3:当塾内で発生した盗難、障害その他の事故について、当塾は一切その責任を追わないものとします。また、会員は事故の責任に帰すべき原因により、当塾、または第三者に損害を与えた場合、速やかにその賠償責任を果たさなくてはなりません。ただし、当塾に故意又は重過失がある場合は、この限りではありません。

18. (会員資格の一時停止・除名)
当塾は、会員が次各号の1つに該当すると認めた場合は、その会員資格の一時停止又は除名を行うことができます。
 1:当塾の秩序を乱し、または当塾の名誉、品位を著しく傷付けた場合。
 2:当塾の施設、什器を故意又は重過失により破損した場合。

19. (会員資格の喪失)
次の各号に当たる場合は、会員はその資格を喪失するものとします。
 1:死亡   
 2:退会   
 3:除名

20. (料金の変更)
経済変動に伴い、各種料金を変更することがあります。

21. (規約の改正)
本規約は、必要に応じて改正されることがあります。