長くなったので別にしました

お世話になっております。坂井です。
猛威を振るいまくっているコロナです。皆さんいかがお過ごしですか。
SAKKA塾のコロナ対応を決定しました。
正直、SAKKA塾は、皆さん若いのと、濃厚接触しないので、「我々は」、罹患率はそれほど高くないと思われます。
でも現状は、ざっくり言うと「埼京線に乗ったら1人以上はコロナ罹患者がいる」計算になります。
そして、みなさんが、そのコロナをこっそりもらって、自分は気が付かないまま、他に移設してしまう。今回の一連の感染は、このように広がっています。
「ああ、自分は平気なのね。ふーん」、って、思ったでしょ。
前もって言っておきますが、これは自分の想定です。パニくらないように。
感染の一番怖いのは、この後だと思うんです。
「ワクチンが出来ない、効かない」「ウイルスの突然変異」。
大感染の中で、「若い人も殺せるコロナ」が出てくる可能性は、否定できません。
一応、突然変異はインフルより遅いってなってますが、そもそもコロナだって感染遅いから封じ込め楽勝って言われてましたし。
もし、その状態になったら。回り全員、ゾンビ状態ですよ。触られたら、あなたも、です。
勝てますか?マシンガン持ってますか?
肺炎になっても、あなたの人工呼吸器なんかありません。
それが今、実際にニューヨークでおきています。
将来の、その種をまかないでおきましょう、という意味の対応策です。
自分が感染するしないではなく、毎日の暮らしを守る、ということです。
自分だけやっても、周りがやんなきゃ意味ないって思うでしょ。
オオアリクイです。
1000人感染させたのは、最初は1人です。その一人にならなければ、1000人救えます。
また、自分自身の利益の話として。この、まだ生存率が高い状態に、ガチパンデミックの対応策をシュミレーションできるのは、大アドバンテージですよ。
実際にそうなった時、周りの人が泡食ってる間に、先んじで行動ができますし、対応していく中で見えてくるもの、いっぱいあります。それが次の手に繋がります。
ああもう、長くなったのでついでに書きます。
皆さん、自宅待機や派遣切りなどのニュースを見て「仕事」について、考える事が多いと思います。
「誰かから金をもらう為の仕事」は、なくなります。でも、「誰かを喜ばせるための仕事」はなくなりません。
自分が、「仕事をするのは金の為」としか考えられない人は、この機会に考えチェンジをして下さい。
どう考えたって、このあと、大不況きます。その時、カネを取り合いに行かない事。
誰かの為になることを、誰かが喜ぶことを探してください。
アニメや漫画でよく言われるセリフ、「未来は作るモノ」です。
少なくとも自分は、そっち派で生きていきたい所存です。
オタクだからーー( ゚∀゚)ノ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする