もうじき2年

120903.jpg
このブログの右側、下のほうに「道程」という項目があります。「道」です。道と言えば青木さんです。そうでなくって。この道は、我々が歩いてきた道です。明日の9/4で、CDCは満2歳を迎えます。半年に一回の部誌も、次で5冊目ですから、さもありなんです。
Federationの01号は、2年前のこの立ち上げの日のあと、大急ぎで作った訳でして。全員、本づくりなどしたことのないメンバーでして。原稿製作にしろ、編集作業にしろ、大騒ぎだったのを覚えています。ゼロからですから、そりゃもう、ゴールなんか見えないわけです。
でも、会員さんもスタッフも、イジでも本を出すんだ、ちゃんとしたオンデマ印刷で出したいんだという熱意があったからこそ、01号は出版することが出来ました。もしこの時。ページ数を少なくして、コピー本とかにしてたらと思うと、ちょっと怖いです。ひょっとしたら今も、そのままかもしれませんし、製本という方向性さえ、見失っていたかもしれません。
みなさん、今、原稿やられていますよね。不安になると、楽なほうへ行きそうになりますよね。甲子園に出る部活ではないので、血ヘド吐くまでやれとは申しません。でも、どうせ倒れるなら、前に向かって倒れること。安易な着地点を、探そうとしない。ムズカシめな着地点を選んで、その結果転んだ方が青春だっ、ってモンです。
我々が歩いていく道とは、そんなに綺麗な軌跡にはならないでしょう。
だが、そこがいい。
Federation05。サークルカットは白黒郵便。
俺たちの戦いが、また、始まる。
(ドギャーン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする