エンターテイメントでありたいと。

120630.jpg
CDCキャラクターイラスト展
浦和造形ギャラリー健
1クール:7/2~7/22 2クール:7/23~8/7
 「そこのブログ!更新遅いよ!なにやってんの!!」さっきブライトさんに言われてようやく気がつきました。先週更新してなかったんですね!ですね!ですねですねですね!私の脳内コンピューター(2メガの嵐)がメモリオーバーでいろんなところに手が回ってませんでした。ああ。やってもうた。ずびばせん。
 
 とりあえず、C展の件です。写真は集まってきたみなさんの原稿たちです。初のCDC単体の展示ですし、多分このギャラリーで、こういうサブカルに振った展示は初だと思います。壁にかける展示として、A4、A3サイズ簡易フレームが、果たしてどこまで見栄えるものなのか。どういった作品が、見てもらう人に届きやすいものなのか。いろいろと手探りの部分多しデス。
 何より、作品を作るメンバーの皆さんのほうが、手探りだったかもしれません。展示状況をイメージできないで、いきなり展示作品を描けと言われているほうがよほど大変だったと思います。こういったサブカル文化は本来、自分の中だけで楽しむもので、外に出すときは雑誌や商業企画など、何らかの社会的なお墨付きを貰ってはじめて堂々出せるもでしょう。どこまで自分の趣向を、よりニッチな方向へさらけ出して良いものか。悩むところだったと思います。
 とにかく月曜の午後には、イラストが主役の展示が始まるわけです。これが、最終的にどんな輪郭を持つのか。いくばくかのエンターテイメントとして見えるのか。フタをあけてみなければ的なことは多々ありますが、描き手と見る人の、なんらかの共有が出来ればイイナと思っています。小さいスペースの展示ですが、是非お楽しみください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする