オマエに残された時間は1分だ

120318.jpg
 春一番ももうすぐですね。こんにちわご機嫌如何ですか。CDC担当の坂井です。オンエアご覧になりました方。19:6のワイドテレビは本物より少しデブに見えますことをご理解ください。でも少しやせようと思います。
 今日のイラストは、間違いなくA8っつあんが騒ぎ出すであろうキャラなので先に描きました。なにも、プレモニター中の小中学生コースに備えて、いろいろ見て勉強しているというわけではありません。僕が好きなのはしんしんと降り積もる青い髪の子です。
 で、1分です。なんの1分か。ポーズクロッキーの時間です。以前のトモクロは3分でしたが、いよいよ1分です。これ、何の練習かっていいますと、マンガの場合はイメージ脳の強化です。他にもいろいろあるのかもしれませんが、美術的なことは解りません。大須賀先生に聞いてください。
 昨日のもお話しましたけど、マンガの場合、コマとしてパチッとイメージできたほうが良い訳です。あの小さなコマの中に、人描いて、ハイケイ描いて台詞描いてさあ描き文字、なんてやってたら間違いなく入りません。ポーズではなく、ワンシーンのような形でイメージできることを望みます。それがだんだん、2コマ、3コマになり、ページ全体になり、作品全体になります。
 とんでもないことのように聞こえるかもしれませんが、これは人間の脳にちゃんと備わってる力です。何回かやればすぐできるようになります。慣れです、慣れ。クロッキーも1分って区切られちゃえば、脳が甘えられなくなります。見るのは目じゃなくて、脳です。第7感(セブンセンシズ)といいます。そっちで見る訓練です。
 君は小宇宙(コスモ)を感じたことがあるか。部誌の締め切りは4/22(日)。よろしく原宿。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする