部誌原稿を。

111002s.jpg
うおぉっ!ってぐらい突然寒くなりましたね。10月の日曜日、皆様いかがお過ごしですか? CDC担当の坂井です。
 今日のイラストはA8さんのメカニコキャラです。メカニコはメカンダーロボ・C・ニコルの略です嘘ですご本人にお尋ね下さい。
 10月に入ったと言えば、コミティアがもうカミングスーンな訳です。今回は4コマをお願いしているので、普段イラストが多い人には、ちょっとキツかったんじゃないかなと思います。
 よくお話しすることですが、イラストと違い、マンガにしたとたんに「描かなければいけないポーズ」などが出てきます。これは単に技術的なことともう一点、重要な要素を含んでいると思います。それが「見る側の視点」です。
 イラストではポーズを決める時に、何となくカッコよきゃいいや~ぐらいでも成立してしまいますが、マンガではそれに加えて「その場面の内容に適したポーズ」を求められます。ある意味これは「意味を持つ絵」ですから、見るほうが「ああ、走ってるんだ」「しかも一生懸命」という風に見えないと、お話が続かないわけです。
 「見る側の視点を持て」というのは、とても難しいことだと思いますが、作品を発表する上ではとても重要なことです。もちろん、マンガだけでなく、イラストでもそういう要素はあります。大丈夫、今は、なんだかよく解らなくても良いです。物事には順序があります。お肉を食べたら、次は野菜、野菜です(何の順序)。次第にそういったことも身につけていきましょう。
 昨夜レポです。まず、CDC大人チーム。さすがです。完璧な仕事で、締め切りクリアーです。
 ヤングチーム。締め切り昨日だったってご存知でしたか?うん。そうよ。昨日だったんですよ。ううん、いいの、大丈夫。僕が後半壊れかけたのはみんなのせいじゃないわ。
 えっとですね。次週の活動までに、僕は皆さんから頂いた原稿を、チェックしたり、台詞を入れたりします。次週の活動のときに、それを手直ししていただきます。で、その翌々日に印刷所に行くわけです。とゆううことわ。現時点で、原稿提出してない人わ。解りますね。時は流れる。愛も流れます。今週、気合でお願いします。
 そして。この、締め切りと戦いながら絵を仕上げる。しかしクオリティは落とせない。この時間、このバトルこそが、もっとも君が伸びる時なのだ。昨日の自分を越えてくれ。レッツ! ビヨンド・ザ・レインボー!(レインボー?)
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする