部誌、締め切り一週間前です。

110925.jpg  すこし肌寒くなってまいりました。いいかげん窓空けて寝るのは危険かもしれませんえくしょーーい!(くしゃみです) 
 皆様ご機嫌いかがですか。CDC担当の坂井です。
 今週のアナログあるあるシリーズは、Tomさんのトーンワークです。めっちゃ急いでる時に、トーンの1辺の直線をそのまま枠線に合わせたろと思う時によくやってしまいがちです。焦ってると、何故かこのまま気が付かなかったりします。記念に抑えておきました。
 さて、その皆様が焦らされております原因の部誌ですが、次回が9月末(金)と10月1日(土)でして、めでたく締め切り日です。この日にきちんと入稿してください。してください。
 
 そのままOKなら、個人誌行かれる方は個人誌(締め切りは10/22日)をやってください。コミティアは部誌でOKな方は、次はお花見展展示(年内完成で)がありますので、展示作品構想をお願いします。大きな作品も展示できるチャンスですので、是非燃えてください。ちなみに会場は埼玉会館です。わお。
 昨夜レポーツです。ペンや仕上げの段階に入ってきている方が多く、自分の絵が、いわゆる「原稿」としてイノチを吹き込まれていく段階です。ここは肩の凝るたいへんな作業も多いですが、見かえりも多く、僕も好きなところです。
 昨夜もお話しましたが、お絵かきとそれっぽい原稿の決定的な差のひとつに、「線数」があります。おぅ!イイナー!って思える原稿は、線の数が多かったりします。ヌク(描かない)ところと、描き込むところをメリハリつけることで、きちっと締まった絵になったりします。なんか白いな、って思ったら、トーンにたよる前に線を考えてみてください。
 こうして作品製作の中でそういったことを覚えていっていただけると、とっても身につきやすい気がします。自分の成長って、本人がいちばん気が付きにくいとは思うのですけど、皆さん、着実に上手になっています。今回の部誌は、かなり完成が楽しみです。
*ゲスト原稿ご提出いただきました方々、ありがとうございました!部誌が出来上がりましたら、原稿のお返しとご一緒に、お渡しさせていただきます。
*……とかいっといて、もし、もし、も~~しまんがいち、コミティアの抽選外れたらゴメンね……秋はそんなに倍率高くないとは思うんだけど……最近、なんか流行感はあるからなぁ……(外れたら2月ね)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする