背中の景色と書いて

110821.jpg一気に涼しくなっております。皆様、体調を崩されておりませんか?どうぞご自愛くださいませ。こんにちわ、CDC担当の坂井です。
本日のイラストは酒楽さんの製作中原稿です。街の生活感がよく出ています。
そう言えば先日、スーパーに電池を買い行って、電池を買い忘れてスーパーを出たのですが、そこは現代の便利なニッポン。コンビニに立ち寄って忘れ物をリカバリー可能です。
そこで近くのファミマに入ったところ、おじいさまがコピー機に翻弄されておられ、お手伝いを頼まれまして。今日はいいことしたなーって帰宅しました。電池。
さて。ウチは「キャラクター」ドローイングな活動ですけど、背景はキャラを引き立てる重要な要素です。景色という物質的な背景や、設定、周りの仲間などもキャラクター背景の一部といえましょう。
例えば、悟空より強いキャラを描きたいとします。何を描けば、悟空さんより強く見えるでしょう? ツノつけてもハネつけても、相手は最強のサイヤ人ですから、なかなか難しいです。筋肉ムキムキに描いたって、地球人の筋肉など、たかが知れています。
そんな時には「脇役」という「背景」が便利です。それなりのヤツに、「あ……アイツ……あの悟空より強いのかッ!」って言わせれば良い訳で、見た目弱そうでも、悟空さんより強いのかも……って思ってもらうことも可能です。でも、悟空さん、フリーザさえ倒してますし、やっぱり難しいかもしれません。
ってそんな話ではなく、キャラクターを作るっていうのは、その本人以外にもいろんな要素が絡まって出来上がるものでして。キャラだけで考えようとすると、どうしても記号の寄せ集めになってしまいがちです。視野は広めに。爺やは早寝に。(え?なに?)
ああ、昨夜レポートを書かなくては!昨夜は、また、ストーリーの製作オハナシがありましたね。ストーリー製作は、本当にいろんなやり方があります。CDCでは例として、僕の経験上いちばん作りやすいやり方をお伝えしています。「作りやすい」とは、直しやすく、足しやすく、さまざまなことが「楽」であることが重要だと思います。
あとはみなさん、原稿に集中されていましたね。あの、みんなが各自の作業しながら、ぐだぐだと訳の解らない話をしている状況、すごく居心地がよくて、好きな時間です。僕が楽しんでどうする。
そんなこんなで、コミティアまであと実質1ヶ月チョイ、原稿押せ押せで頑張りましょう!次回、サークルカットやるからね。CDC正常。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする