そしてオハナミテン

101119.jpg 11月に入ってからというもの、完全に自分の能力を超えた仕事量と、寒さも手伝って、気分的にはずっと師走末期感が続いています。自分がもう少し手際よく出来る人間ならなぁ……と、力不足を嘆く今日この頃です。皆様の11月はいかがでしょうか。
 さて、日曜日から一週間、浦和造形は年に一回の展覧会ウィークを迎えます。本名は「個性のお花・見・展」というそうです。不思議な名前だなぁと思いましたが、美術の世界とは得てしてそういもののようです。南浦和の文化センター大フロアで、会員さんならびに講師陣の作品展示を行います。入場は無料です。詳細は浦和造形HPをごらんください。
 われらがCDCの展示はと言いますと、今回のコミティア関係の部誌と、その原画展示があります。また、作品展示物として、アニメ映画「埼京線四重軌道ゾーケーエクスプレス(原作:坪田先生)」のA1ポスターを一枚、メンバーさんの作品を一枚、それと、会場では「陶芸の出来るまで」的なDVDが上映されているのですが、その合間に90秒のCDC告知が入るんです。そのアニメーションと、その簡単なメイキングの展示があります。アニメーションって言ったってFlashアニメなんで、そんな大それたものではありません。このアニメはA8さんの世界「うちとも」が舞台となっており、熱くCDCを語ってくれています。
 また、23(火)の祝日には、イラスト体験があります。午前とお昼過ぎ、一時間ずつです。大人も子供もOKです。僕としては、使ったことないかたにはつけペンをさわらせてあげたいのですが、会場でインクひっくり返したりすると大変なことになるので、ただ今どうしましょと会議中です。定員に限りがございますが、お時間のある方は是非ご来場下さい。
 ……時々、伝統ある絵画教室の行事に、こういったサブカルチャーを突っ込んでしまってホントに良かったのかしら?なんて思うこともあります。反面、時代の鏡であることは文化の本質だと言えるのではないかしら……なんて……。あれ、なんか偉そうな台詞吐いてますが、来週はそんなわけで浦和造形のレッスンも多くがお休みになり、明日の土曜CDCもお休みです。次は27日(土)です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする