うわさによれば

 雨の週末となりました関東平野です。皆様いかがお過ごしですか?僕は何気なくネがクライので、雨の日は好きなんです。雨降ってるときに駐車場に停めたままの車の中でボケーっとしてるのとか、最高に幸せです。おっと、これ以上ネクラ話するとみなさんが潮騒のようにヒいてしまいそうなので、今日のところは勘弁してさしあげます(何故上から目線
 先日コメントを頂きました!ありがとうございます!まさかのミートソースネタに喰い付いて頂けるとは、恐懼感激、報恩謝徳でございます←意味はよく解りませんけど、僕の嬉しさをあらわしています。ひき肉作戦、挑戦してみます!みかんさんには、鬼玉シールをお送りしておきますね。にゃにゃにゃにゃっにゃにゃーーー(?)
 ああっ、これではまた僕のグダグダエブリデイ日記になってしまう!CDCのことを書かなくちゃ!つまり、パップラドンカルメは描けないんですよ(はい?) 解らない方はお父さんお母さんにお尋ねしてみて下さい。すんなり描けてしまう方は、そろそろ健康に気を使うお年頃です。そのいきなりのパップラドンカルメですけど、確かクリームみたいに白くって、メロンやらプリンやらの味がするんです。さあ描け、いま描け。
 ケーキみたいなものって解ればケーキを描くし、カステラみたいなものって解ればカステラを描くけど、パップラドンカルメを描いている訳ではないです。わかんないモノは描けなくって、描ける物って多分、自分なりに理解してるものだと思うんです。目の前にあるものでさえ、その正体が解らないまま輪郭を写し取ってるだけだと、多分描けないんじゃないかしら。
 CDCは人を描くことがテーマです。つまり人を描くことって、人を理解してあげることなのかもしれません。ニーチェが言って(たような気がする)いました。愛せない者は、愛されない。人とは、どこまでも魅力的なモチーフです。資料や本の中にではなく、あなたのすぐ近くに、そのモチーフはあったりしちゃうんです。
パップラドンカルメからのまさかの展開に、驚いています。
オレさま、愛を語る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする