描きたいものは、なにかしら

 涼しい通り越して寒いですね。皆様いかがお過ごしですか。編集担当の坂井です。今週はプライベートの原稿をやっつけるために机の前で暮らしていました。いままで2ヶ月くらいでノンキに仕上げていたものを2週間でやらなくちゃいけないハメになりまして。僕はPC作画なので、アナログと違って一番最初にダメージが来るのは、手じゃなくて目です。腰に来るのはどっちもいっしょみたいです。んで、その締め切りが本日のpm3:00なんですが、既にこんな余裕かましてます。人間やれば出来るもんです。
 先週、「マンガ絵とイラスト絵」云々など偉そうなことを書きまして、それについてコメントいただきました。こんな問題を僕が語るのはどうかと思いますけど、語ります。えへん。虫。僕は最初、マンガ絵の全コマをイラスト絵レベルに描かなければいけないと思っていました。イラスト絵レベルとは、描画の丁寧際に加え、パースの整合性やら、人体骨格の正しさやら、そこら辺をシビアに追求するみたいなことです(実際、イラスト絵にソレが100%求められるかどうかはおいときまして)。
 僕の経験上、マンガの全コマでソレをやると、何故かつまんなくなる、物語が頭に入ってこなくなるという結論に達しました。読んでいて疲れちゃうんです。結局勝負コマって、1ページヒトコマ、いや、1見開きにヒトコマで良いんじゃね?くらいに思うようになりました(悲しいカナ、読者さんがイイって言ってくれるコマはえてして気合入れたコマでないことは基本です)。でもそれは、僕が見せたいのは物語だからで、バリバリに書き込んだ絵を見せたい作家&みたい読者さんにしてみれば、その方が正義な訳で、どっちが正解というものではなさそうです。
 なので、CDCは(お、上手くCDCにつながったぞ)「僕はなにが描きたいの?」に、とにかく向き合ってもらうようにしています。同じ「絵を描く」という行為でも、着地地点はまったく違うモノになるので、ここがあやふやなのは、いつか絵を描くことが辛くなるような気がします。
 僕の最初の「描きたい」は「可愛い女の子が描きたい」という動機でした。物語ではなく、ひたすら可愛い子を描いていれば満足でした。これは遠回りの原因だと思うのですが、大好きな作家さんというのは具体的にいなかったんです。そのおかげで「可愛い」を探すことからはじめてしまい、なかなか具体的な「描きたい」に繋がりませんでした。
 
 長くなりそうなのでこのあたりにしておきます。結局僕がみつけた具体的な「描きたい」作家さんは、塚本講師の罠にハマリまして、408歳年上のルーベンスというデカすぎる壁を追いかけることになってしまったのデス
彼の絵は、物語なんです。(自分で言って自分で鳥肌)
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする